生命保険に加入する目的は、死亡時の保障や病気や怪我の際に治療費を受け取ることというのが主になります。しかし、見方を変えれば保険は貯蓄の代わりとして利用出来ます。
終身保険を例に考えると、何歳で死亡しても決まった保険金が支払われるという安心と共に、満期時には支払った金額より多くの保険金を手にすることが出来ます。しかし、途中解約をすると解約返戻金があるとは言え払った分より少なくなってしまうため、掛け捨ての方が損が少なくなります。
一時的に保障を受け、お金は自分で用意すれば事足りると考える方は掛け捨ての保険を選ぶべきと言えます。しかし、一生涯の保障を求める場合は掛け捨ての保険より割高になりますが、お金の貯まる終身保険などを選ぶべきです。
資産運用の面で見ると大きな利益がある訳ではありませんが、保障を受けつつお金を貯めることが出来るという部分が最も魅力のある部分です。そのため、そこにメリットを感じる方は終身保険などが向いていると言えます。
保険も資産運用も多くの種類があり活用方法もさまざまなので、一概にこれが良いというものはありません。そのため、必要な情報を集めてしっかりと自分で考えて判断することが最も大事だと言えます。