加入目的を明らかにする

| 未分類 |

保険の種類にはいくつかあります。主なものに、医療保険、養老保険、そして終身保険があります。
医療保険は病気になったとき、治療費や働けない期間の生活費に困ることなく、治療に専念できるようにするために入る保険です。さらに、養老保険は、満期時に保険金を受け取ることができるため、貯蓄的な役割を担う保険です。
そして、終身保険は被保険者自身が死亡時に、契約時受取人となっている人が保険金を受け取ることができる保険です。そのため、自分以外の残された人のために入る保険と言えます。しかし、それなら老後に備えて、配偶者や子供のために、貯蓄や資産などを残しておけば良いはずです。
どうして終身保険は必要なのでしょうか。人は、いつか死んでしまいますが、いつ死ぬかは誰もわかりません。
終身保険は、何歳で死亡しても保険金を受け取ることができます。つまり、自分がいなくなった後に残る家族のため、大切な人のために残す保険と言えます。
そのため、いつから、どんな保障内容で、誰のために入るのか、加入目的をはっきりさせることが重要です。また、いつか必ず訪れす、自分の葬儀の時のため、また相続税対策としても有効です。
月々支払う保険料の負担、そして保険金額など、その目的に応じて、自分に必要なものを的確に選ぶことが大切です。