外貨建て商品について

| 未分類 |

定額終身保険や個人年金保険といった金融商品のなかには、「外貨建て商品」と呼ばれているグループがあります。これは、契約者が一定期間積み立てる保険料や、保険会社から支払われる保険金や年金、解約時返戻金などの金額が、すべて外貨を基準として行われるものをいいます。一般には米ドル建てですが、取り扱う保険会社によっては、ユーロ建て、豪ドル建てなどのバリエーションがあります。
基本的な仕組みは国内で販売されている普通の円建ての生命保険と変わりがありませんが、円建てのものよりも予定利率が高く、資産形成目的にすぐれているという特色があります。特に、資源国通貨である豪ドル建ての場合には、時期にもよりますが利率が2.5パーセントから4パーセント程度になることがあります。
そのいっぽうで、日本にいる限りは保険料や保険金などの決済は円建てに換算する必要が出てきますので、つねに為替レートの変動に左右されるという「為替リスク」がつきまといます。保険料の支払い時には円高であるほうが円建ての金額が少なくて済み、保険料や年金を受け取る時には円安のほうが円換算でより多くの金額が受け取れます。しかし、円高や円安になる時期の予想は困難であるほか、高利率をうたう通貨は逆に為替レートの変動幅(ボラティリティ)が大きく、場合によっては元本割れということにもつながりかねませんので注意が必要です。